賃貸での退去立会いで搾取されそうになった実話【業者テキトー】

lifestyle

先月に引っ越しをしまして、田舎の澄み切った空気感の中で、毎日ブログを綴っております。

そんなことはいいんですけど、引っ越し後の退去立会いがひどかった…

不動産業というのは不透明な請求が多すぎて、明らかにお金取りすぎなんですよね。

親切な業者はほぼいないと思って知識を勉強していないと、不当なお金を巻き上げられてしまいます。

なので、この記事では損をする人を1人でも減らすべく、僕の経験と原状回復ガイドラインを元に、退去立会いで搾取されないコツをお話していきます。

賃貸で退去したときの原状回復は知識が必要

業者は自社の利益を確保するために、容赦無く不当なお金を請求してきます。

ザックリ言えば、経年変化や通常損耗は家賃に含まれているので、入居者は負担する必要がないという認識でオッケー。

引用:国土交通省

AとGが大家負担、Bが入居者負担です。

不透明になりがちな項目をわかりやすく解説

国土交通省が発表している原状回復のガイドラインというものがありますが、長ったらしく曖昧な表現が多いので、まぁ〜読みにくい。

ここからはガイドラインと僕の経験を元に、わかりやすく、短く解説していきます。

・床(畳、フローリングなど)
・壁、天井(クロス)
・建具(襖、柱など)
・その他の設備(エアコン、台所など)

床(畳、フローリングなど)

<大家側の負担>

・家具の設置によるへこみ
・日照による変色や色落ち
・畳の裏返しや裏返し
・フローリングのワックスがけ

要するに、生活のなかで自然と損耗してしまうものや、次の入居者のための管理は、大家の負担になります。

・家具の設置によるへこみ
→家具は生活する上では必須
・日照による変色や色落ち
→日照は避けられない
・畳の裏返しや表返し
→次の入居者のための管理
・フローリングのワックスがけ
→必ずしも必要ではない

<入居者の負担>

・シミやカビ、飲食物のこぼしなどを放置
・引っ越しなどで家具を動かした際のひっかきキズなど
・落書き

入居者が損耗させてしまったり、損耗を放置して原状回復が難しい場合には、入居者に負担の義務があります。

・シミやカビ、飲食物のこぼしなどを放置
→清掃を行ったことによる劣化
・引っ越しなどで家具を動かした際のひっかきキズなど
→傷つかないように前処理ができる
・落書き
→故意による損耗

壁、天井(クロス)

<大家側の負担>

・テレビや冷蔵庫などの黒ずみ(電気ヤケ)
・日照による変色や色落ち
・画鋲などの浅い損耗

これも生活のなかで避けられない損耗は、大家の負担になります。

・テレビや冷蔵庫などの黒ずみ(電気ヤケ)
→生活する上では設置は避けらず、あらかじめ損耗を防止できない
・日照による変色や色落ち
→日照は避けられない
・画鋲などの浅い損耗
→傷が浅いので下地ボードの張替えが不要

<入居者の負担>

・壁や天井への汚れの放置
・結露を放置したカビやシミ
・タバコのヤニや匂い
・クギやネジの穴による損耗

逆に入居者の対応次第で避けられた損耗は、入居者の負担になります。

・壁や天井への汚れの放置
→清掃で損耗を回避できる
・結露を放置したカビやシミ
→清掃で損耗を回避できる
・タバコのヤニや匂い
→そもそも部屋でタバコを吸うな
・クギやネジの穴による損耗
→傷が深く、クギやネジを使わない方法が検討できる

建具(襖、柱など)

<大家側の負担>

・網戸の破損
・ガラスにヒビが入っていた

同じく生活のなかで避けられない損耗や、次の入居者のための管理は大家の負担。

・網戸の破損
→次の入居者のための取り替え扱い
・ガラスにヒビが入っていた
→地震などの外的要因

<入居者の負担>

・建具への汚れの放置
・結露を放置したカビやシミ

入居者が故意に損耗させてしまったり、清掃を怠った場合には、入居者に負担です。

・建具への汚れの放置
→手入れで損耗を回避できる
・結露を放置したカビやシミ
→手入れで損耗を回避できる

その他の設備(エアコン、台所など)

<大家側の負担>

・エアコンの内部清掃
・浴槽の取り替え
・鍵の取り替え
・設備機器の故障

生活のなかで手入れが不要なものや、次の入居者のための管理は大家の負担です。

僕の経験ではエアコンの内部清掃と鍵交換を義務とされたことがあるので悔しい…

・エアコンの内部清掃
→喫煙による匂い等以外は、通常の生活で清掃するとは限らない
・浴槽の取り替え
→次の入居者のための交換
・鍵の取り替え
→次の入居者のための交換
・設備機器の故障
→経年変化による損耗扱い

<入居者の負担>

・ガスコンロや換気扇の油汚れやスス
・水回りの水垢やカビ
・鍵の紛失や破壊

清掃での管理が必要と判断される場合や、入居者の言動による紛失や破壊は入居者の負担です。

・ガスコンロや換気扇の油汚れやスス
→清掃をサボった頑固な汚れ
・水回りの水垢やカビ
→清掃をサボった頑固な汚れ
・鍵の紛失や破壊
→入居者の言動によるもの

特に不当な請求をされてしまうポイント

特に注意が必要なのはフローリングとクロスの張替えです。

一面での張替えよりは、m2での張替えのほうが安く済みます。

・フローリング
→原則m2単位での張替え。複数に損耗がある場合は一面での取り替えも可

フローリングに関してはm2での請求となる場合が多そう。

ここに漬け込んで、1箇所しか傷がないのに一面の交換として高額請求する業者もいるので注意です。

・クロス
→m2での張替えでもいいけど、壁一面での張替えはやむをえない

クロスは壁一面の張替えとなる場合が多いですね。

僕はm2での張替えだと思い込んでいたため、

「壁一面の張替えではない!!」

と交渉していました。もちろん覆りません…

 

そして、僕がボッタクられそうになったのが

耐久年数の中で、現状何年経過しているか

フローリングとクロスの耐久年数は6年で、そのうち張替えてから年々経過しているかで請求金額が変わります。

耐久年数:6年 クロス代:2万円
退去時にクロスを張替えてから3年が経過している場合、
→半分の1万を請求できる

こんな感じ。

僕の場合は、6年のうち5年が経過していたにも関わらず、立会いのときに耐久年数を確認していなかったがために、26,391円が余計に請求されていたということです。

知識がなくて、立会い業者の言われるがままに従えば、26,391円を不当に払っていたでしょうね。

賃貸で退去するときの立会いで何をすればいいか

立会い業者は入居者をなめきってくるので、論理的に相手を追い詰めてやりましょう。

・立会い時にはサインをしない
・明細を請求する
・部屋の写真を撮っておく

立会い時にはサインをしない

基本的に納得がいかないのであれば、その場でサインはしなくて大丈夫です。

むしろ不当な請求で利益を計上しようとしてくるのは立会い業者なので、

「一旦大家さんと確認させてください」

と申し出ればオッケー。

先ほどの耐久年数なんかも、立会い業者は知らないことはほとんどなので、その場での合意はせずに、正規な数字を知っている大家さんとお話ができれば搾取はされません。←っていうか立会い業者仕事しろよって感じ!!

あと伝えておきたいことは、

・その場でサインをしてしまっても、お金を払うまでは交渉ができる
・「この場でサインしてもらわないと、また家賃は発生しますよ?」というのは嘘

原状回復の用紙なんて、間違った請求をしていればタダの紙切れなので、サインも無効になります。

家賃の発生に関しては、大家さんに解約の通知をして退去日が決まれば、その日以降は家賃を請求できません。

不動産界隈は嘘ばっかりなので、気をつけましょう。

明細を請求する

明細をもらわばければ正しい請求かもわからないので、立会い時でも後日でもいいので、明細はもらいましょう。

自分で明細を見ても判断がつかない場合は、Twitterで「NPO法人の退去トラブルたすけ隊」という人がいるので、請求書を見てもらって判断してもらいましょう。

タダでやってくれます。

部屋の写真を撮っておく

引っ越してきたときに確認した傷を撮影しておけば、退去のときに自分がつけた傷ではないことを証明できるので、できればやっておいたほうがトラブルにはなりづらいです。

また退去立会いの後に明細を送られてきて、部屋の状態と明細書を照らし合わせて、不当な請求を覆すこともできるので、退去時にはには部屋の写真を撮っておくといいです。

 

今回はここまでです。

ちょっとめんどくさい決まりごとが多くて嫌だと思うですけど、せっかくあなたが汗水流して稼いだお金を無駄にはしてほしくないので、知識は知っておいてほしいです。

僕なんてサラリーマンで2日働いた給料分を不当にもっていかれそうになったんですからね。

自分の身は自分で守りましょう。

人気記事

  1. この記事へのコメントはありません。